和名 : ナンヨウザクラ (南洋桜)
別名 : ジャムツリー
中国名 : 文定果
英名 : Jamaican cherry、Singapore cherry、
Strawberry tree、etc...

学名 : Muntingia calabura
科名 : ナンヨウザクラ科(シナノキ科)
分布 : 熱帯アメリカ、東南アジア、他


 ナンヨウザクラは、中南米から、東南アジア方面にも広く分布する熱帯樹木です。樹高は、5〜12mほどに育ちます。

 ナンヨウザクラの樹形は、独特な「傘状」に展開します。亦、其の「枝振り」も、水平方向からやや枝垂れる性質があります。

 其処から、「モモタマナ」と同じように、「緑陰樹」の役割を持たせて植栽されます。時には、モモタマナと並べて植えられる事も、しばしばです。(^_^-

 和名の由来は、真っ白な花を見ると、想像が付きますね。花姿を、南洋に咲く「桜の花」と捉えたのでしょう。


 ナンヨウザクラの名前は、沖縄方面でもよく見られる「テイキンザクラ」(Jatropha integerrima)の別名として用いられる事もありますが、両者は、全く別の植物ですので、ご注意くださいね。

 
平成19年10月24日  ベトナム北部
撮影者:梅本浩史

ナンヨウザクラ 樹形

ナンヨウザクラ 植栽例

ベトナムや、タイなどでも、見る機会の多い樹木。モモタマナと同じように、軒先の「緑陰樹」としてよく植栽される。

ナンヨウザクラ 花

此の白い花に近付いて、よ〜く見れば見るほど、「日本の桜」の花に似ている事が実感できる。花は、民間薬としても利用。

ナンヨウザクラ 実 ナンヨウザクラ 葉

ナンヨウザクラの葉は、先端がとがり、葉縁には鋸歯が並ぶ。葉の基部は、左右が「非対称」となるのが特徴。

ナンヨウザクラ 果実

真っ赤な果実は、生食が出来、ジャムなどに加工しても美味しい。其処から、「ジャムツリー」とも呼ばれる。

ナンヨウザクラ 葉裏

葉っぱや、若い枝には、褐色の「腺毛」が密生しており、触るとネバネバ...して、ちょっと困った。(※ 特に、若枝が粘る)

  緑の絵画館 : 私の植物図鑑 「ナンヨウザクラ」