和名 : シナユリノキ
漢名 : 支那百合の木
英名 : Chinese tulip tree
学名 : Liriodendron chinense
科名 : モクレン科
分布 : 中国(ヤンツェ川渓谷以南)、
ベトナム北部
 
 「シナユリノキ」は、私達の身近にある庭公園樹や、街路樹などでお馴染みの「ユリノキ」の近縁種。

 中国では、「馬褂木」(中国馬褂木)や「鵝掌楸」と書く、シナユリノキ。日本では、あまり頻繁に見られる樹木ではなく、珍しい花木の一つです。亦、最近では「シナユリノキ」と「ユリノキ」を人工交配させた「雑交馬褂木」等も、多く流通し、中国各地で植栽されています。

 まだ、地球が「氷河期」を迎える以前、此の「ユリノキの仲間」は、世界に広く分布していました。しかし、後に訪れた地球的規模の「気候変動」によって死に絶え、其の多くは「化石」として、生きた痕跡を残しています。

 現在では、「北米」で生き残った「ユリノキ」と、「アジアの一部」に残された「シナユリノキ」のみが、地球上に「隔離分布」する形で生き続けています。

 
平成18年・21年5月12日 林試の森公園、新宿御苑、小石川植物園
平成22年5月14日 高知県立 牧野植物園
撮影者:梅本浩史
シナユリノキ 全景
  



   耐寒性は弱いものの、樹高は40mにも育つ。
シナユリノキ
シナユリノキ
シナユリノキの分裂葉は、ユリノキの葉の
切れ込み方と、やや異なる
 シナユリノキは、大変貴重な種であるが、自生地では
 乱開発による環境汚染で、其の数が減少している
   緑の絵画館 : 私の植物図鑑 「シナユリノキ」