和名 : テイキンザクラ (提琴桜)

別名 : ナンヨウザクラ、インドザクラ、
ホコバテイキンザクラ、
ヤトロファ・インテゲリマ、タヒチアンチェリー
英名 : Spicy jatrophaPeregrina
学名 : Jatropha integerrima
科名 : トウダイグサ科
原産 : 中央アメリカ(西インド諸島)


 テイキンザクラは、日本の九州南部や沖縄方面でも、よく見掛ける情熱的な花色をした、トロピカル・フラワーです。樹高は、2〜4mほどに育ちますよ。(^-^

 テイキンザクラを始めて見たのは、石垣島での事。風に揺らめく、真っ赤な花房が、ふっと気に留まりました。でも、当時は、何の花だか判らずに帰ってしまいました。

 数年後、宮古島で見付けた時には、もう図鑑で調べていた為、遠目からでも本種である事が、すぐに判りました。(^_^-

 此の和名にある「提琴」とは、「バイオリン」の事。葉っぱの形が、バイオリンの形に似ているから、と云われます。

 亦、花色は真っ赤なのですが、花の形が「桜の花」によく似ているので、名前に「桜」と付けたのでしょうね。(^-^=

 
平成14年3月11日  新宿御苑(温室)、大船植物園、他
撮影者:梅本浩史

テイキンザクラ  花

テイキンザクラ  花

東南アジアでも、見掛ける事の多い花木の一つ。花姿は、とても愛らしく、色彩も鮮やかな事から、よく植栽される。

テイキンザクラ  葉

沖縄地方の島々でも、テイキンザクラの花をよく見掛けたが、こんもりと「ブッシュ状」に育っている所も多かった。

葉っぱの形状は、比較的「変異」も多い為、全ての葉が必ずしも、「三浅裂」した「ほこ状」になるとは限らない。

テイキンザクラ  花
テイキンザクラ  花

テイキンザクラの花は、一本お庭にあるだけでも、とても絵になる。但し、枝振りは細くて、樹形が乱れ易い特徴もあります。

  緑の絵画館 : 私の植物図鑑 「テイキンザクラ」