和名 : ビヨウヤナギ  
中国名 : 金糸桃、金糸海棠
学名 : Hypericum monogynum
(syn : Hypericum chinense)
科名 : オトギリソウ科
分布 : 中国中南部原産


 「ビヨウヤナギ」(未央柳)は、中国原産の半落葉低木。梅雨の季節を迎える頃、薄曇りの街を散歩していると、一際、「黄色の映える花」に目が止まり、誰もが思わず見入ってしまいます。(^-^=

 公園や街路にも、よく植栽される本種。美しく咲き誇った花姿は、路行く人々の心を和ませてくれます。

 此の「ビヨウヤナギ」、よく観察すると、葉っぱの感じが「ヤナギの葉」に、とてもよく似ている事に気付きます。名前の通りですよね。(^_^-)

 長い「雄しべ」が、非常に目立つ事から、漢名では「
金糸海棠」と書かれたり、花の形が桃の花に似ている事から「金糸桃」等とも表現されます。黄色は、日本でも好まれる花色ですね。

 本種と同じ「ヒペリカム属」の仲間に、「キンシバイ」、「ヒドコート」、「カリシナム」等も、よく見られます。どれも、梅雨の憂鬱さを忘れさせてくれる、明るい雰囲気の花色ですよ。


平成13年6月11日 東京都中央区 人形町通、他
撮影者:梅本浩史
ビョウヤナギ
 
ビョウヤナギ 実
ビョウヤナギ

漢字では、「未央柳」や「美容柳」、「美女柳」等とも書かれる。但し、此れは「日本」でしか通用しない。

   緑の絵画館 : 私の植物図鑑 「ビヨウヤナギ」
  緑の絵画館