緑の絵画館   
和名 : アメリカノウゼンカズラ
科名 : ノウゼンカズラ科
分布 : 北アメリカ原産
学名 : Campusis radicans
英名 : Trumpet vine 、
Trumpet creeper


 「アメリカノウゼンカズラ」は、盛夏の頃に開花する花木。其の花冠は、細長〜いラッパの様な形をしています。とても「情熱的な色彩」を放つ花木です。

 右上の画像には、中国原産の「ノウゼンカズラ」と、北米原産の「アメリカノウゼンカズラ」の二種が写っています。此の画像から、サイズや特徴の違いが、容易に理解できるかと思います。

 此の両者を掛け合わせたものが、品種「マダム・ガレン」です。双方の特徴を兼備えた、非常に美しい品種です。

 ノウゼンカズラ属は、北米、東アジアに2種あり、何れも強健な「蔓性植物」です。茎から「気根」(きこん)を出し、それを使って壁や棚に、巻きつき、吸着しながら繁茂します。花の後には、立派な実が下垂しますよ。

 夏本番の季節には、決して欠かす事の出来ない、蔓性の花木です。皆さんが住まわれるご近所では、どんな種類の「ノウゼンカズラ」が愛でられるでしょうね。(^-^=


平成13年 6月下旬〜8月 猿江恩賜公園、
鎌倉、水元公園、他
撮影者:梅本浩史

 

アメリカノウゼンカズラの花冠は、花筒が細長くて、全体的に小さめのサイズ。花の直径も、狭い。

  緑の絵画館 : 私の植物図鑑 「アメリカノウゼンカズラ」