和名 : パンノキ
科名 : クワ科
学名 : Artocarpus altilis
英名 : Bread Fruit Tree
原産地 : マレーシア〜ポリネシア

和名 : ナガミパンノキ
別名 : パラミツ、ジャックフルーツ
学名 : Artocarpus heterophyllus
英名 : Jack Fruit


 「パンの木」は、本州では温室の中で、沖縄では公園などで見る事の出来る常緑高木です。遠くハワイなどでも、よく植栽される樹木です。とっても「ユニークな名前」が付いているけれど、「パンが出来る木」...では、ありませんよ。(^-^)

 パンノキの実は、焼いたり蒸したりすると 白い「パン」みたいになります。食べた味は、とても味の薄〜い「サツマイモ」みたいな感じです。

 一個4kgほどの実が、大木にもなると300個くらい生るので、ポリネシア人にとっては、「一本のパンの木があれば、一生食べてゆける」ほどの「貴重な木」でした。

 一方の「パラミツ」は、最も重いものでは50kgにも達する実が生るパンノキの仲間。熟した果実は、パイナップルと栗を合わせた様な味だそうですよ。でも、ちょっと重過ぎですね...。(^_^=)


平成14年 タイ・ダムヌンサドワクにて
平成19年 カンボジア・シェムリアップにて 
撮影者 : 梅本浩史
 
 

  此処は、水上マーケットでも知られる「ダムヌンサドワク」
   パンノキの葉は、切れ込みが多く 表面が輝くのが特徴


   
    パラミツの木は、「幹」に直接 実を付ける「幹生果」 私が触っている幼い実でも、パラミツの実は重〜い...
  緑の絵画館 : 私の植物図鑑 「パンノキ」&「ジャックフルーツ」
  緑の絵画館