和名 : フォッサギラ・マヨール
別名 : シロバナマンサク

科名 : マンサク科
学名 : Fothergilla major
分布 : 北米原産


 フォッサギラ・マヨールは、少し珍しい落葉低木。別名を「シロバナマンサク」とも呼ばれ、爽やかな印象の「春の花木」です。

 やや黄緑色がかった、白くて優しい雰囲気を持つ花で、初めて出会った頃には、その花姿に大変驚きました。もう、あれから随分と年数も経ちましたが、それほど普及していないのが現状です。

 「シロバナマンサク」と呼ばれるようになる以前は、主に、フォッサギラ・マヨールとしか呼ばれず、成長も遅かった事などから、あまり普及しなかったのではないかと、私は思います。

 属名である「Fothergilla」とは、医師であり、植物収集家であった「フォザギル」(John Fothergill)に敬意を表した名になります。

 樹形は、株立ち状となり、樹高は1mほどに育ちます。原産地の北米南東部には、「F. gardenii」のような、樹高が3m近くになる仲間も自生していますよ。(^-^)

 
H14年4月 神奈川県 鎌倉市
撮影者:梅本浩史



建物のエントランスに植栽された例

   緑の絵画館 : 私の植物図鑑 「シロバナマンサク」