和名 : ニッコウキスゲ , 別名 : ゼンテイカ
学名 : Hemerocallis esculenta
科名 : ユリ科 ワスレグサ属
分布 : 北海道〜中部地方以北
 
「禅庭花」は、山地や高原に大群落を作り生息するヘメロカリス属の仲間。夏を迎えた高地一面を、艶やかな橙黄色に染める景観は非常に見事です。夏の季節の風物詩とも言える、此の橙黄色の優しい花は、朝開花し、夜にはしぼむ一日花なのです。

群生地としては、日光や、霧ヶ峰高原、尾瀬の群落が有名ですね。本種の群生する姿を撮影したくて、会津若松での講演業務の後、雄国山へ向かったのですが、生憎の雨風と霧に包まれており、案内して下さった新国先生と思わずうな垂れてしまいました。

けれども、幸いな事に磐梯山を一周していると、レンゲ沼に群落があった事で、何とか数枚の画像を撮って帰る事が出来ました。新国先生、会津では本当にお世話になりました。
(=^_^=)

H14.7.1 福島県雄国山・レンゲ沼 撮影:梅本浩史