和名 : ハナミズキ(花水木)
別名 : アメリカヤマボウシ、ドッグウッド
科名 : ミズキ科
学名 : Cornus florida
分布 : 北米東南部〜メキシコ原産


 「ハナミズキ」は、街路樹や庭公園樹としても親しみのある花木で、あの「ヤマボウシ」の仲間でもあります。春、本種が咲き誇る頃には、温かな日差しの中でツツジや藤など、次々に魅力ある花たちが開花します。

 別名の「ドッグウッド」とは、本種を煎じて「犬の皮膚病」に用いた事に由来すると云われて来ましたが、此れは本種を指したものでは無いとの見解もあり、諸説があります。

 さて、此の「ハナミズキ」と云う花木、実は「日米の親善」を記念する大切な木でもあるのです。明治の末期、東京市長であった尾崎行雄氏は、米国ニューヨーク州とワシントン州に12種類の「桜の苗木」3千本を寄贈しています。其の「返礼」として、米国から東京市に贈られたのが、此の「ハナミズキ」だったのです。

 
日本が贈った桜たちは、染井吉野や関山を中心に、ワシントンのポトマック河畔で見事に育っています。満開の頃にはTVのニュースでも映像が流れていますね。
(^-^)

H16年4月17日 栃木県足利市、都内江東区
撮影:梅本浩史

紅花花水木