緑の絵画館
和名 : サンゴシトウ
別名 : ヒシバデイゴ
科名 : マメ科
学名 : Erythrina × bidwillii
分布 : 園芸品種


 サンゴシトウ(珊瑚刺桐・珊瑚紫豆)は、「アメリカデイゴ」を片親に持つ、マメ科の花木。見たままの印象通り、「南国の花木」です。

 南米原産の「アメリカデイゴ」と同じく、比較的 耐寒性のある樹種ですから、都内でも「新宿御苑」や「夢の島熱帯植物館」、「恵比寿」などに植栽される姿を見る事が出来ます。

 沖縄方面で見られる「デイゴ」は、本来、インド原産ですが、「沖縄県の県花」として愛されています。亦、「アメリカデイゴ」は、「鹿児島県の県木」にもなっていますよね。

 本種は、オーストラリアの「シドニー植物園」で作出された品種とされます。「デイゴ属」(エリスリナ属)の仲間が持つ、情熱的な雰囲気は、何れも見事ですね。(^-^=

 此のやや尖った円錐形の花穂は、遠くからでもよく目立ちます。「アメリカデイゴ」等と共に、夏を謳歌する花木の一つです。(^_^-


平成13年9月2日、20年8月2日、23年6月15日 
夢の島熱帯植物館にて
撮影 : 梅本浩史
サンゴシトウ
サンゴシトウ
サンゴシトウ 全景
   
「アメリカデイゴ」の品種、「マルバデイゴ」の丸い葉っぱ こちらは、小葉がひし形をした「サンゴシトウ」の葉っぱ
   緑の絵画館 : 私の植物図鑑 「サンゴシトウ」