和名 : コルディリネ・テルミナリス
別名 : センネンボク
科名 : リュウゼツラン科
学名 :
Cordyline terminalis
分布 : 東南アジア、ニュージーランド、
              オーストラリア

園芸店でもお馴染の「センネンボク」は、リュウゼンツラン科の常緑低木〜高木。中国南部から、オーストラリアまで広く分布します。よく同じ「リュウゼツラン科」の「ドラセナ属」と混同されますが、本種は「センネンボク(テルミナリス)属」です。

本種の魅力は、なんと言っても此の葉の色彩にあります。南国を彷彿とさせる、このカラフルなトロピカルカラーは、見ている者を自然に明るく軽快な気持ちにさせてくれます♪

気温が、5℃以上あれば越冬できますから、皆さんも、是非一度育ててみてはいかがでしょうか?
(^-^)

平成13年8月23日 新宿御苑にて 撮影:梅本浩史
和名:テルミナリス「愛知赤」
学名:
C.terminalis Cv.Aichiaka
和名:テルミナリス「クリスタル」
学名:
C.terminalis Cv.Crystal