梅の花のような、上品な趣き  バイカウツギ 
和名 : バイカウツギ
別名 : サツマウツギ
英名 : Japanese mock orange

学名 : Philadelphus satsumi
科名 : アジサイ科 (旧 ユキノシタ科)
分布 : 本州〜九州

 
 「梅花空木」(バイカウツギ)は、5月〜6月に咲く、とても上品な「ウツギ」の仲間です。其のほのかに香る白い花は、「白梅」の様にも喩えられ、この名が付きました。

 「梅花空木」とは云っても、梅の花の様に、花弁が5枚あるものは少なく、多くは4枚からなっており、花の直径は大きくて2.5cm位あります。

 元々は、低山に生える雑木なのですが、其の美しさから庭園木としても、広く植栽されるようになりました。活け花にも、よく用いられますネ。

 バイカウツギの仲間は、温帯北部に65種ほど知られており、「バイカウツギ科」を独立させて分類する植物学者も居られるようです。

 最近では、西洋種の「セイヨウバイカウツギ」が、よく植栽として見られるようになりました。在来種よりも大輪で、芳香も強く、色々な品種が流通していますよ。(^_^) 



平成12年5月12日・21年6月 小石川植物園、札幌市・北大植物園、他
撮影者 : 梅本浩史


北大附属植物園にて植栽された「梅花空木」

↑ 梅花空木の花弁が、地面に散り積もった様子



↑ 花弁が散ってしまった後の花の様子