江戸中期に起こったとされる、この浅草の「ほおづき市」は、別名を「四万六千日ほおづき市」とも呼びます。特に最終日の10日は、観音様の功徳日である事から、この日にお参りすると、なんと!4万6千日お参りしたのと同じこととされるのです。其処から、この別名がついた訳ですね。忙しい人には必見ではないでしょうか ?(笑) また、この2日間のみ授与される「雷除けお守り」の方も、お土産にどうぞ。

この浅草のほおづき市は、都内最大の市ですが、発祥は「愛宕神社」とされます。昔、愛宕山のほおづきを飲むと、様々な効能があった事から、多くの人々に珍重されたそうです。      撮影:梅本
仲見世の通りは、何処までも人でいっぱい。
見事な「ほおづき」の鉢が、一面に並びます。
7月9日〜7月10日
浅草、ほおづき市
「もう帰る〜」と言いたくなるよね(笑)
ご存知、「雷門」。祭りに関わらず、大賑わい。
いなせな姿に、江戸情緒を感じます。
沢山の「よしず張り」のお店。涼しげな風情です。
境内に約200店。活気ある掛け声が飛交います。