和名 : レンゲショウマ
科名 : キンポウゲ科
学名 :
Anemonopsis macrophylla
分布 : 本州(福島県〜奈良県)


「蓮華升麻(レンゲショウマ)」は、夏山の落葉樹林の林床に自生する多年草。其の優美な姿を一目見ようと、多くの人々が自生地を訪ね歩く。日本の固有種でもある本種。葉の感じが「晒菜升麻(サラシナショウマ)に似ており、淡い紅紫色の花が「蓮の花」を想わせる所から此の名が付く。

頭上より降りてくる木洩れ日を受けて、其の花冠が静かに輝く姿は、譬えようのない美しさです。林内の風に呼応しながらそよぐ光景は、雅な舞を見ているかの様。雰囲気のある花だけに、ファンも非常に多い。

本種を撮影した「御岳山」では、丁度此の時期に「蓮華升麻祭り」が開催されます。雅楽の調を聞きながら少し涼しい夏山で過ごすのも魅力的ですよ。
(^_^)


平成14年8月11日 御岳山にて 撮影者:梅本浩史