江東グリーン・スタジオ
                      








■配信内容 : 「清澄庭園の花菖蒲」

江東区にある名勝「清澄庭園」。あの江戸の豪商「紀ノ国屋文左衛門」
の屋敷跡とも云われる当地は、下総国関宿城主の下屋敷となりました。
大名庭園の造園手法は、後に岩崎弥太郎と 其の息子である弥之助に
よって、明治を代表する庭園へと変貌してゆきます。

清澄庭園では、数種の紫陽花を観察できます。最も印象的なのが、
山紫陽花の品種「ベニガク」の群生。池の周囲には、清楚な印象
を持つ「額紫陽花」や「西洋紫陽花」が植栽されます。


撮影:2008年6月18日




当サイトの内容を、他でご利用なされる場合には、管理者の許諾を得てからに願います。